ナイトアイボーテがオススメの人

雑誌などで紹介され、またたく間に人気商品の仲間入りをしたナイトアイボーテ。
ナイトアイボーテをオススメしたい人はどんな人でしょうか。

●とにかく一重の人におすすめです

ナイトアイボーテは二重矯正美容液ということで、一重でお悩みの人にこそオススメしたいアイテムです。

二重になりたい人、二重に対しての憧れがある人は特にオススメ。

旅行先や普段の何気ないシーンなど、最近は写真を撮る機会が増えてきましたよね。
誰かと一緒に撮った写真を見て、ショックを受けたことはありませんか?

「二重だったらもっと良かったのに…」
「一重だからなのか、表情が暗い…」

せっかくの楽しかった思い出も、写真一枚で台無しにしたくありませんよね。

ナイトアイボーテでしたら自然な二重を手に入れることができるので、悩んでいる人はとりあえず試してみても損は無いはずですよ。

●二重矯正してるけど、うまくできない人

一重に対してコンプレックスがあって、もうすでにアイプチやアイテープを使って二重矯正をしている人、もちろんいますよね。

上手に二重が作れていれば良いですが、そう簡単にはいきません。

下を向いた時にまぶたがひきつってしまう…そんな経験あると思います。
アイプチやアイテープは無理やりくっつけているだけなので、二重にはなりますが自然さには欠けてしまっています。

他にも接着部分がまぶたからはみ出てしまっている人もいます。

目を強調したい、少しでも大きく見せたいと思うばかりに、アイラインがどんどん太くなってしまっていませんか?
逆にどこにアイラインを引いたら良いのか…わからない人もいると思います。

二重矯正、目を大きくする努力をしている人にも、ナイトアイボーテはオススメです。

●自然な二重が欲しい人

メイクやアイプチなど、一生懸命頑張っている人でも、メイクを落としてガックリすることありますよね。

メイク前と後とじゃ、目の大きさどころか全然別人になってしまうこともあるでしょう。

メイクを落としても二重だったりしたら…こんなに喜ばしいことは無いはず。

ナイトアイボーテは、自然な二重を手に入れることができるので、メイクを落とした後のすっぴんに自信が無い人におすすめ。

二重

まぶたが伸びてしまうのが怖い!

ナイトアイボーテはくっつけて二重にするタイプのアイテムですが、まぶた用の接着剤やアイテープを使っていると、まぶたの皮が伸びてしまって大変なことになる。

都市伝説的に広まっている話題ではありますが、本当のことなら怖いですよね。

 

●まぶたが伸びるのは本当

接着剤やアイテープで二重にしていると、まぶたの皮膚が伸びてしまうというのは本当のこと。

「全然伸びた感じも無いし、皮膚が強いから大丈夫」

なんて油断している人も要注意ですよ!

今は良くても、年を取って肌にハリが無くなると、アイテープなどを使っていたことが原因でまぶたが垂れてしまうことだってあるそうです。

接着剤やアイテープなどは、皮膚同士をくっつけて無理やり二重にしています。
このとき、自分では感じることが無くても、皮膚が引っ張られているということ。

皮膚は刺激を受け続けるとそれを記憶してしまいます。
そのため、引っ張られた皮膚が伸びたままになり、垂れてしまうというわけなのです。

 

●ナイトアイボーテは伸びるのか

ナイトアイボーテもアイテープなどと同じように、皮膚同士をくっつけて二重を作っています。

それならばナイトアイボーテも使い続けると皮膚が伸びてしまうのでしょうか。

ナイトアイボーテは夜使うことを目的としたアイテムで、一般的なアイテープなどとは使用する時間帯が違っています。
さらにうれしいことに、使い続けることで自然な二重を手に入れることができるというもの。

一般的な接着剤などとは違って、一過性のものでは無いことがわかります。

接着成分においても、一般的なものは接着することだけを目的に作られているので、より強力な接着成分が好まれて配合されています。
昼間のまばたきなどに耐えられるように、接着力の持続性を重視している人がほとんどでしょう。

刺激の強い接着成分が使われているので、どうしてもまぶたのケアにまで手が届きません。
そのため、まぶたの皮膚が荒れてしまったり、腫れる、伸びてしまって最終的に垂れてしまう…などのトラブルが発生してしまうのです。

ナイトアイボーテはには、5つの天然植物成分が配合されています。
天然植物成分が配合されていることで、接着させるだけでなく、まぶたのケアもきちんとできるというわけなのです。

まぶたが伸びてしまうのを防ぐ作用のある成分も含まれているので、接着することで出るトラブルを防いでくれる働きもあるのです。

ドンキホーテでナイトアイボーテを探してみた!

二重

腫れぼったい奥二重のメイク方法を知りたい

二重、二重の世の中(?)ですが、奥二重も忘れないでくださいね。
奥二重ここにいますよ。

私の奥二重、もしかしてメイクで少しパッチリできないかと、
ちょっとメイク方法調べて見ました。

>奥二重のメイク方法って?

奥二重って、別に眠いわけでもないのに、いつもどこか腫れぼったく、眠そうにみえるし、
なんかすっきりしないんですよね。

とくに、年を重ねるごとに、まぶたが下がり、もっと腫れぼったい感じがしてきた今日このごろですが、
あるサイトから奥二重のメイク方法みつけました。

>アイシャドーの入れ方。

アイシャドー、これが実は私にはクセもので、実はこれまで使いこなせた試しなしです。
このアイシャドー、奥二重の人は目頭、目尻を狭めに、目の上の真ん中の辺りだけが幅広になるように、
塗らないといけないんですって。

こうすると目に縦幅がでて、パッチリ度が増す、と書いてあります。
ここではアーモンド型っていってますけど。

そうか、私はこれまで、アイシャドーを太め幅で平行にいれようとして、
ただ目が変に重くなって失敗してたんですね。

>アイラインの引き方。

そして、アイライン。これは私がいつもお世話になってるもの。
はっきりいって目のお化粧、頼りはこれだけでしたよ。

このアイラインは目に沿って、ふつうに入れていいみたいですね。
でも、きつくなりすぎないように、まぶた側に濃いめのアイシャドーを塗って、
境界線をぼかすようにすると良いとあります。

自然な仕上がりになって、これはちょっといけそうです。

>シャドーを入れる。

そして、仕上げはまぶたのくぼみに沿って、隠しシャドーを入れるとあります。
シャドー?そんなものは入れたことありませんが、目元に陰ができて、
彫りの深さをだすためのようですね。

陰をつくるためのシャドーなのでパールの入っていない明るめのブラウンなんかが良いようです。
目だけでなく、目のまわりにも気を遣わないとなんですね。

このメイク方法で、私の目も少しパッチリ度が増すと嬉しいんですけどね。
ともかく、試してみましょう。

ドンキホーテでナイトアイボーテを探してみた!

二重